勧進帳

久しぶりに歌舞伎座へお芝居を観に行って来ました。2月に観て以来で、しかも演目が「勧進帳」で一緒です。好きな演目のひとつだし、配役も違うので楽しかったです。「勧進帳」の好きな所は弁慶の義経に対する忠義、それを察し心を汲む富樫の情。弁慶の動に対する富樫の静。という所でしょうか。なんか古き良き日本の心が詰まっている気がします。人を思いやり察する心。そこには自利はなく利他しかない。ついつい忘れがちですが、大事な事を思い出させてくれる演目です。

2009年9月24日 23:06

Archives

過去の記事はコチラから