助け合う心

昨日、縁があり、横浜人形の家にライヴを観に行って来ました。「開運!なんでも鑑定団」のおもちゃ博士・北原さんが演奏されるというので行ってみると、そこには見慣れた顔が。茅ヶ崎のテミヤンでした。実はテミヤンと北原さんはこの場所で毎月ライヴをしていて、今回は40回目の記念ライヴでした。テミヤンのライヴを、劇場の席で座ってみるのに少々の違和感がありました。いつもはビーチやアフアフで、ビール片手に盛り上がる感じなので。北原さんがMCでこんな話をしてくれました。それは象の話で、野生の象は病気になったとき、岩山や木々の間に自分の体を挟み込み倒れない様にして、回復するのを待つそうです。一度倒れてしまうと自重で死んでしまうからです。動物園の象が病気になりました。しかし、動物園の中には象を支える岩山や木々はありません。ところが、仲間の象が左右から病気の象を支え、治るまで何日も支えた。という素晴らしいお話です。

2009年9月26日 14:47

Archives

過去の記事はコチラから